睡眠時無呼吸

睡眠時無呼吸症候群の検査がご自宅でできます。

睡眠時無呼吸症候群(Sleep Apnea Syndrome)とは睡眠時に無呼吸や低呼吸を繰り返す病気です、突然死のリスク、心不全、高血圧、糖尿病、心筋梗塞などの病気の原因となったり、集中力の低下、日中の眠気、熟睡感がないなどの症状の原因になることがあります。原因はさまざまですが、肥満症(舌の根本が肥大、のどの周りに脂肪が多い)や小顎症などで空気の通り道である上気道が狭くなってしまうことによることが多いです。

CPAP (TEIJIN ホームページより)

検査は自宅で行うものと、病院で行う(ポリソムノグラフィー)があります。症状から睡眠時無呼吸症候群の検査が必要な患者様には、ご自宅で検査ができるように手配いたします。検査には約2200円(3割負担)かかります。

睡眠時無呼吸症候群だと分かった場合の治療法は原因によってさまざまですが。有名なものにCPAP(Continuous Positive Airway Pressure 持続陽圧呼吸療法)があり、機会につながれた鼻マスクを装着し、マスクから呼吸器合わせて空気圧が送られることで、上気道が塞がらないようにするものです。機械はレンタルとなり毎月約4000円(3割負担)かかります。